クマを取り除くのに役立つ8つの方法

あなたを悩ますクマにさようならを言う時です。 目の周りの領域が極端に薄いため、特に数日間は十分に眠れない場合は、クマが頻繁に表示されやすくなります。 しかし、これらの8つのDIYのヒントを使って、あなたはプロのようにこの問題を解決することができます! しかし、それを読む前に、まず、なぜクマがあるのでしょうか? #1水分を残しておいてください あなたの目の下の皮膚はあなたの顔の肌よりも非常に薄く、より薄いので、余分な注意が必要です。 ここに皮脂腺がないので、目の下にジェルや少ない副作用のアイキララなどのアイクリームを塗ることをお勧めします。 シワを防ぎ、クマを取り除くために毎晩これを行います。 #2注意して目の周りを清潔にしてください 湿気を取り除いてかゆみがなく乾燥したままにしておくので、ここでは通常の洗顔方法を使用しないでください。 あなたは目元をきれいにするためにぬれた綿でメイクを落とさないといけません。 しかし、激しくこすらないでください。 #3顔のヨガを試してみてください 目の周りを健康に保ち、クマを防ぐために、顔のヨガの練習を実践してください。 あなたの中指の両方をあなたの眉間に入れて、人差し指で目の外側の角に圧力をかけます。 下まぶたを上に動かして、すごく気取ってください。 その後、リラックスしてさらに6回繰り返します。 終了するには、10秒間目を閉じてからリラックスしてください。 #4家庭でできる対処法を試す キュウリのスライスを目の上に置くだけでも間違いなくリラックスできますが、疲れた目を癒すもう一つの方法は、氷にティーバッグを置くことです。 特に緑茶には抗酸化物質が豊富です。 かゆみを取り除くもう1つの方法は、アイスキューブをタオルに包んで目の上に置くことです。 これは自然にそれらのクマを取り除くのに役立ちます。 クマのためのいくつかの自宅での対処法のコツはここにあります。 #5アンダーアイゲルを使用する アロエベラ、ビタミンE、およびCを含むゲルは、肌を癒し、皮膚を保護し、コラーゲン産生を増強するので、お肌に良いものです。 #6あなたが必要なとき隠す 何も動作しない場合、メイクアップはあなたの救助に来る。 コンシーラーを使用して、これらの線やクマを隠すことができます。 それを適切に適用するには、まずジェルまたはクリームで水分を拭き取ってから、あなたの薬指で、目の下にコンシーラーの小さな点を塗ります。 あなたの指で肌に優しく塗布してください。 その後、見た目を整えます。 #7皮膚専門医に相談してください あなたのクマがまだ消えていないようであれば、ケミカルピールやレーザー治療などのトリートメントをアドバイスできる皮膚科医が最適です。 クマの専門家が推奨する治療法は次のとおりです。 #8健康的なライフスタイルを維持する あまりにも多くのアルコール、喫煙、睡眠不足、疲労および不均衡な食事をしていると、クマと共存するのと同義です。 だから、十分な睡眠を取って、お水をたくさん飲んで、栄養のある野菜をよく食べてください。

毛深い人はワキガになりやすい?

ワキガに悩む患者さんから、「原因は毛深いからでしょうか?」という質問を受けることがあります。 毛深いことが必ずしもワキガの直接の原因とは言えませんが、ワキガになっている人に、体毛の濃い人が多いのは事実ですご説明しました。 体毛の多い人は普通の人と比べて汗腺類が多く、それだけアポクリン汗皮脂腺は,体毛の毛根部に開口していることはご説明しました。 体毛の多い人は普通の人と比べて汗腺類が多く、それだけアポクリン汗の分泌量も多くなります。 ワキガの人に汗つかきな人が多いのと同じようなメカニズムですね。 また,体毛が濃いと汗腺類からの分泌物が皮膚表面に長く留まりやすいため、それだけ細菌が繁殖しやすく、結果、ワキガ臭に拍車をかけることになるのです。 男性の場合は、毛深い人ほど男性ホルモンの働きが活発だと考えられますから、アポクリン汗腺が性ホルモンの影響を強く受けることもあって、やはりワキガになりやすいと言えるでしょう。 もちろん、全ての毛深い人がワキガになるわけではありませんが、その確率は普通の人に比べてかなり高いようです。 ※それでもワキガが女性に多いワケ 体毛が濃い(多い)人の方がワキガになりやすいのであれば、女性より男性に多いのでは?とお考えの方もいると思います。 けれども、クリニックに来られる患者さんの男女比率は4対6と、女性の方が若干多いようです。 その理由を考えてみましょう。 まず考えられるのは、ニオイに対する感受性の違いでしょう。 男性の場合は「気にはなるが、命に関わるわけでもないし、まあいいか」と、受診にいたらないケースが多いとは言えるでしょう。 男性が来院される場合は、外食産業に従事している方や営業職の方など仕事上での影響を懸念する方が多いようです。 ですが、その点を考慮しても、現実的に女性の方にワキガ臭が発生する人が多いのはワキガの主なる原因をつくるアポクリン汗腺にあります。 女性は男性よりもアポクリン汗腺が多く分布しており、性ホルモンの影響で活発に働いているからです。 また、一般的に女性の皮下脂肪のほうが厚いので、汗をかいたときによりニオイを発散させる要因となり得ます。 さらに個人差はあるものの、女性にはスイーツ好きな方が多く、糖分や乳製品をよく摂るために、クリアネオの効果も台無しになるほど汗腺類の働きを活発にする傾向にあることも、ワキガ臭を助長しているようです。

あなたの精子の元気度チェック。

こんな症状は要注意。 はたして、自分の精子は元気なのか、そうでないのか? ヴィトックスα Amazonで買うほどペニスに熱心な男性にとっては気になるところだ。 精子の詳しい状態は検査してみないとわからないが、これまでの病歴や生活習慣などから、精子力低下のリスクをつかむことはできる。 男性不妊外来で用いる問診票を使って説明しよう(132ページの問診票を参照)。 もし気になる項目があれば、早めに泌尿器科を受診してほしい。 39度以上の熱を出したことがある→長期間続く高熱は、精子をつくる機能に障害をきたすことがある。 性病にかかったことがある(淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎) →性感染症の経験があると、精液の中に白血球が多い 膿精液症」になる可能性が高い。 精液中の白血球は精子機能を低下させる。 また、尿道炎から精巣上体炎(副睾丸きを併発すると、精路がふさがり,無精子症になることもある。 パートナーに感染すると、女性側の不妊の原因につながることもあるので要注意。 睾丸(精巣)を打って腫れたことがある→睾丸をぶつける、打って腫れるなどの外傷は、精巣が傷ついて造精機能が低下したり、精路がふさがり,無精子症になることがある。 ·睾丸を下ろす手術をしたことがある→睾丸を下ろす手術とは「停留精巣」の手術のこと。 精巣は,胎児のときに腹腔から陰囊の中へと下降する。 これが途中で止まり、陰囊に下りてこないのが停留精巣。 ほとんどは生後1歳半の健診で見つかるが、見つからないまま大人になる人もいる。 睾丸は熱に弱いので体の外側にぶら下がっているのであり、腹腔にあると造精機能は失われてしまう鼠径管内にある場合でも、造精機能は低下してしまう。 鼠径ヘルニア(脱腸)の手術を受けたことがある 子どもの頃の鼠径ヘルニアの手術が原因で,精子の通り道(精路)が詰まってしまうことがある。 全国調査によれば、手術した側の精管の、実に25 %が閉塞しているという。 ·睾丸の袋(陰囊)に水が溜まったことがある→睾丸の袋に水が溜まる「陰囊水腫」は子どもの頃にかかる病気だが、大人になってから発症する人も。 水が溜まること自体は精子形成に直接影響しないが、陰嚢水腫に感染したり、陰囊水腫の手術で、精路が閉塞したりする場合がある。 入院手術を要する病気にかかったことがある→手術のときに尿道にバルーンカテーテルを入れられた経験がある場合、精巣上体炎になり,精路が閉塞している可能性がある。 心臓病または肺の病気がある→精子がまったく動かないカルタゲナー(Kartagener)症候群の場合は内臓逆位があり、右側に心臓がある。 その上に気管支拡張症という肺の病気を持っていることがある。 ·次の病気にかかったことがある(結核/糖尿病/おたふく風邪\結核は、尿路結核から結核性精巣上体炎になり、精路が閉塞してしまう。 糖尿病は、勃起障害にも関係する。 おたふく風邪で睾丸(精巣)が腫れた場合、精子をつくる機能に影響が出たり、精路閉塞が起こる可能性がある。 ·ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)または精神科の薬を使ったことがある→薬の中には、造精機能や性機能に影響を与えるものがある。 ,アレルギー体質または体に合わない薬がある→炎症やアトピー性皮膚炎により,陰囊の皮膚が厚くなり精巣の温度が上がると、造精機能が低下することがある。 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎)がある→対策薬(サラゾピリン、ペンタサ)の影響で造精機能が抑えられ、精液所見が低下することがある。 タバコを吸う→喫煙は精子の状態を悪くする。 ●お酒を飲む→不妊とアルコールの直接的な関係は明らかではないが, 一般的な健康との関連として飲みすぎには注意食欲がない→一般的な健康との関連として尋ねるものだが,生殖においては栄養過多(肥満)も栄養不足も問題。 睡眠が悪い→ストレスのひとつの尺度として睡眠量が目安になる便通が悪い→対策に用いるホルモン剤で便秘を引き起こす可能性があるので、ホルモン療法を行うときの注意点となる。 小便の回数が多い→尿路感染症や前立腺炎で頻尿になる。